2014年01月25日

3メートルの宇宙人





たいへん有名なのでご存知の方も多いかと思います。
ピンキーはさすがにサイト的にどうだろうという感じでしたが、今回は宇宙人なので全く問題ありません。宇宙人はミリタリーと相性が良いのです。よく米軍と交戦してますし。



この「3メートルの宇宙人」、大昔にケイブンシャだったかの「UFO大百科」で見たのが最初で、なかなかの衝撃でした。他にも宙を舞って襲ってくるゼリー状の宇宙人とか、山頂に不時着して故郷に帰還できなくなった宇宙人とか…。食べたらボール紙のような味がしたケーキをくれた宇宙人なんてのもいましたが、いま思うと比喩的表現としてもなんでボール紙なのかと。

再読してみたいものですが、このテの本は結構なプレミア価格だそうで。子供向け=乱暴に扱われてボロボロになって捨てられて終わり、という運命を辿った(当方のもそうでした…)ものが多く、まともな状態のものがとても少ないのが主たる理由だとか。

彩色と形状からすると、どうも以前出ていた食玩シリーズのものをスケールアップしただけのように見えます。
おぼろな記憶ですが、再現イラストはもう少しスマートでキリッとしていたかと。白黒だったので色は判りませんけれど。


じつは眼鏡スタンドなので頭部と背中に残念な隙間があります。でも、スタンドといいつつ全て結構硬い材質で出来てますので、眼鏡架けるとキズだらけになる悪寒しかしません。










しかし、あらためて見ると宇宙人というより修道女の悪霊のような。





同じカテゴリー(玩具/模型)の記事画像
メッサーシュミットと女の子
同じカテゴリー(玩具/模型)の記事
 メッサーシュミットと女の子 (2013-09-14 12:15)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。